2021.04.07 足りないものを埋めたい、でも休みも欲しい

2021年4月7日

憂鬱な気分はまだまだ続いている。
そろそろ「お悩み相談」という体裁で精神科に行ってみようかと思っているほどに。

なぜこれほどまでに今の仕事を辞めたいと思うのだろう。
この会社や同僚達が嫌い、というわけではないのは確かだ。
たまに遊びに来る、バイトにくるくらいなら今後もやりたいとは思うほどだ。

今までの人生を思い返す。
何かの仕事をしようと思う時、自分が何をやりたいかというより、「需要があるか否か」を考慮することが多い。
レッドオーシャン過ぎて相当努力しないと食っていけない、なんて仕事に興味を持ったことはかなり少ない。
公務員くらいにはなろうとしたり、受験勉強なんかもやったりはしたが。

そう言えば今の仕事も人手不足だ、と聞いて行き出した。
「人手は足りている。どうしても来たいなら働かせてやる」
と言われていたら間違いなく行っていない。

だが人手不足過ぎて休日の無い仕事は嫌だ。
いつかの記事に「何年休みが無いか分からないコンビニ店長」とかあったが、そういうのには絶対なりたくないとは思う。

人手不足でなおかつ休みの多い仕事?そんなの贅沢すぎるだろ。
とお思いの諸兄もおられるだろう。そこで、自分は自営業をしてみることにした。
売れる物と売れない物とかがあったが、商品開発は少し面白くて夢中になって調べものをしていた。
でも自営業って、休みを定めるのが難しくてメリハリが少なく、何より孤独過ぎた。
そして実家に帰ってきたんだった。

実家に帰ってきてから始めた工場労働は楽だったが、自分なんていてもいなくても同じのような環境のやりがいが少なすぎてストレスだった。
まれに忙しい日もあったが、むしろそういう日のほうが充実感はあった。
しかし工場は休みも収入も多くて仕事も楽。やりたいことのない人間にはピッタリだろう。

僕は本質的に、やりたいことがない人間で、何者かになろうとする信心が無く、疲れやすく、世間の需要で仕事を決めるが人の心が分からないASDだ。
矛盾しているところもあるが、これが真実だ。
やりたいことがあったり何者かになることに抵抗を感じず競争心もある定型発達者とは違う人種で、常識も通じないのだろう。

しかしまあ、これほどまで悩むってのは、やはり何がしかの躊躇とか後悔とかを予測しているからだとも思う。
本当に嫌だったらもっとサクッと辞めてしまっている。

心理,日記

Posted by YU