日記

予定を変更して今日から長期休暇となった。
今日は1日目で、明日からの長期旅行の用意とハローワークで就職活動していた。

派遣会社を使って情報収集もしていたが、ハローワークをネットで見ていたら良さそうな案件があった。
期日が4月末だったので27日の休憩時間に直接応募先に電話してみてまだ募集しているかを聞いた。
すると、まだしているとのこと。
というわけで急遽平日28日を休みにしてもらって、ハローワークに行って応募してきたのだ。
その案件は更新の無い案件でずっとは出来ないが、まあ自分を見つめ直したりするには良い期間だろう。
色々不問の割には月給はそこそこ良い。

ハローワークで紹介状をもらい、履歴書と職務経歴書を自宅で書き、郵便局で発送。
職務経歴書は初めて書いたが、転職回数多いので難しい。
自分のような色々な仕事をしている人間は、会社毎より業務種類毎に書いたほうが良いのか?

ひとまずは就職活動も終わったので、この日は長期旅行の用意をしていた。
まあ部屋にある荷物をバッグに詰めていくだけだが。
飛行機を使った国内旅行なので、年末年始のレンタカー旅行よりかは持っていける荷物も少ない。
登山装備と着替えくらいだが、中ザック+中スーツケースはほぼいっぱいになった。

さてそれでは明日から旅行だ。

日記

4月25日は晴れの休日。
特に目的も無く、室戸岬へツーリングしてきた。
走行距離は往復で350km。

徳島から室戸岬へは走り慣れた広々とした道で、何かを考えるには最適な時間だった。
考えるのに疲れてふと見回すと緑と青空が広がる。
こういうもの以上に何を望むのかと、何十年も前から抱いていた想いだ。
だが青空を望むだけで人生が終わるわけではなく、目の前のことを色々やっている。

室戸岬へは何回も来ているので、観光も控えめ。
だが道中の非日常的景観は、自分に旅を思い出させてくれる。
こういうところで住むのってどんなのだろう、住んでみたいな、と昔は思っていたが今はあまり思わない。

室戸から奈半利へ。
奈半利・田野をゆっくり観光したことは無いので改めてやってみる。
たのたの温泉で入浴。
露天風呂は無いが、サウナ後に外で休憩するのは非常に心地が良い。
これは、幸せだと思う。

奈半利は古い町並みが残っているらしい。
少し歩いてみるが、ところどころに古い家があるくらい。
むしろあまり町並み保存はしてないが全体的にのんびりとした町の雰囲気が、心地よかった。

山中の野根往還道を通って徳島へ帰る。
山中は若干小雨だったが、それ以外の平野部は晴れが続く。

このツーリング中に二つほど決断をした。
新しい生活をすること、誘いを断ってしまうこと。
どちらとも人生に関わることで、決断が正解である自信も無い。
自分にとってどんな人生が幸福なのかとか、幸福な人生に行き着けるのかに疑問を抱いて絶望的ですらあるが、こうやってツーリング出来ることは幸せなんだと思う。

日記,心理

様々な形態の人生を歩んで、それぞれの良いところを発見し、致命的に足りないところを調べていた。
故郷の風景を捨てるには忍びない、実家暮らしは楽だがやる気が無くなる、1人暮らしはやる気が出るがリスクが高い、寮暮らしも楽だが飼われている感があるし付き合いがあると面倒だ、給料が少ないと張りが無い、ルーチンワークも張りが無い。

あの日あの時、僕は何を考えて生きていただろう。
今のようにダラダラと日記を書いてはいなかった。
懐かしい過去も、嫌なことがあったから環境を変えたのだ。
「どうせこんなところ踏み台だ」と思っていたから耐えられていた。
このままずっとと思うと耐えられない可能性が高い。

今は実家暮らしだが心の奥底を理解はされない。どうせ、自分は物理的に他人が近くとも孤独だ。
また一人暮らしがしたい。
だが故郷の風景はやっぱり好きなんだ。
実家近くの安アパートで暮らそうかしら、とか思う。

日記,心理

自分の人生において、仕事の存在は非常に大きい。
仕事と向き合う姿勢や感じることが自分そのものに思えているから。

半年続けて、業種に対する趣味的な興味はかなり少ないように感じている。
皆、その分野に対して興味があるように見え、自分だけは違うように思ってしまう。
興味が無ければ続かない仕事なんじゃないか。
また、昔から自分には不利なチームワークを多く使う仕事だ。
個人プレーしか出来ない自分には疲れる。

自分で計画を立てて裁量性を持って仕事をするのが面白いが、その立場になるまではかなり時間も努力も必要だし、なってしまえば陣頭指揮しないといけない。
独立したいほどの業種に対する興味は無さそう。
ちょっと、詰んできた気がする。

以前の工場の仕事は非常に張りが無かった。
楽なんだが、やきもきするようなことが非常に多かった。
自分の力を駆使している感じは少なかった。

力を使い切りたいがために、あえて不利なことをしていたんじゃないだろうか。
もっと世間的にも自分的にも適した仕事があるんじゃないか。
そう思って何度も転職をしたり生き方を変えていたりしているのだろうか。
青い鳥症候群だろうか、アダルトチルドレンだろうか。

一応転職活動を始めてみたが、自信は少ない。
まだ、これからどうしようかと悩んでいるのだから。
「すぐに辞めそうだ」と思われても仕方ない。

日記

だということをフェルミ研究所の動画で知った。
元ネタは「あなたはあなたが使っている言葉で出来ている」らしいが。

生きていたら精神や状況の波はあって当然だ。
浮かれることも順調な時もあれば、落ち込むことも逆境の時もある。
しかし定めた目的があるのなら、何も考えず何も感じずに行動するべき。
目的が叶えば「あの時辞めなくて良かった」と思うだろう。

そう、目的を定めたら、だ。
自分の仕事の目的は、「この地で」「風景に携わる」だ。
つまり既に叶っている。バイトでも十分叶っている。
「一生続ける」だってバイトでも出来る。
「独りでもやれるようになる」ならもっと向上心を持つが、その目的は持てない。
それほど好きだとも続けたいとも思えない。

次の仕事を探してみる。
やれることはいくらかあるが、しかし今までのように向上的な目的を持たねばまたすぐに辞めてしまうかもしれない。
目的、目的、人生の目的?
「この地で死ぬ」以外に決まってない。

日記,心理

メンタリストDaiGoさんが紹介した、ニューメキシコ大学式の自己分析方法をやってみました。
方法は他のサイトに譲るとして、結果だけを書きましょう。

1.目的:人生の意味を方向性を定める
目的が決まれば迷いも無い。ただ行動すれば良い。だから一番大事。

2.自知:自分について深い理解を持つ
目的を定めるためには自分について知らなければいけない。
例え客観的にどれだけ崇高な目的を持とうとも、やっているとうんざりしてきたら恐ろしい。

3.真実:自分が正しいと思うとおりに行動する
逆に考えて、自分が正しいと思えないのに行動するってのは、何のために生きているのか分からなくなる。

4.受諾:ありのままの自分を受け入れる
自分の弱さや強さを偽って無理して行動していると、結局は道を誤る。

5.美的:身のまわりの美しいものを味わう
美しさとは世界への愛、のように思う。

6.情熱:なんらかの発想、活動、人々に深い感情を抱く
やる気を持って生きていきたい。

7.希望:ポジティブで楽観的に生きる
もうネガティブは嫌だ―!

8.快適:喜びに満ちた快適な人生を送る
表面的な苦しみはあっても、心の奥底では喜びと快適さに満ちた人生を歩みたい。

9.安全:安心感を得る
こんな感じで生きていければ幸せだ、と安心したい。

10.知識:価値ある知識を学ぶ、または生み出す
目に見える物以外の、裏に潜むものの存在はロマンチックで、美しい。

とまあ、今は人生について特に悩んでいる状況でもあるのでこんな感じの結果。
一般的でなくて良いから、死ぬまで自分に共通する人生の目的とかを定めたいと思ってます。

しかし見事に他人の要素が無い価値観リストですね。
自分の人生は自分の責任、良かれ悪かれ他人に少しでもその責任を負わせたくないと思ってますから。

日記,心理

自分の心がどんなときに満足を感じ、どうやれば幸せに生きていけるかが分からない。
だから最近は心理学について調べものをしている。

どうやら自分は知識を蓄えたりするのが好きで、計画を立ててから実行するが行動力が少ないタイプのようだ。
でも、バイクツーリングや登山も好きだ。
今の仕事だって、バイトとして気晴らしに来るなら面白いから本業にしたのに。

MBTIでは自分はINTJだが、普段は内向的直観だが気晴らしに外向的感覚を発揮することが趣味のようだ。
その気晴らしを本業にしようとした。
「好きなことをライフワークとしたい」って考えはよく見られるものだが、その好きなことって特性から外れるから好きだと意識出来るのではないか。
今、こうやって心理学について調べているが、意識的には好きとは感じていない。
しょうがないからやっている、やらざるを得ないからやっている。

もしかして、本当の特性って、無意識に「やらざるを得ない・やるしかない」と感じてやっていること、なんじゃないか?
本当の自分とは、むしろ呪いに近い。
特性の4番目が趣味であり意識的に好きだと思えるだなんて、衝撃的だ。

日記,心理

最近自分が分からないがゆえに、心理学的アプローチで自分探しをすることに興味が出ている。

今回はお手軽に自分の認知特性が知れる『本田40式認知特性テスト』をしてみた。
この認知特性とは、人が何かを認知する時に働かせている感覚のことで、人によって異なる。
画像として認識するか、音として認識するか、言語として認識するかの3種に大別される。

本田40式認知特性テストはネット上でも公開されており、40問の質問に答えるだけで簡単に自分の認知特性を数値化してくれる。
ちょっとやってみた。

その結果、

音楽的聴覚よわよわ。
視覚・言語に強めのようだ。

自分はASDタイプの発達障害だとは思うが、音楽的聴覚以外は一般的なレベルのようだ。
聴覚認知が弱いから人との話や音楽的センスも弱いと思う。
言語や画像を扱ったりするのはまだ得意な方?

日記,心理

仕事にやる気を持てない。
だけど他にやりたいことも分からない。
不満ばかり募って辞めたいと思う。

そんな時に本屋で『あきらめる勇気』という本を見つけ、買ってみた。
ディマティーニ・バリューファクターという自己分析テストが大きな地位を占めている本だった。
自分も試しにやってみよう。

ステップ1 自分の要素

①あなたの空間を占めるものは何か

パソコン(ネット検索)、スマートフォン(情報収集)、漫画本

②何に最も多くの時間を使っているか

仕事(…風景に携われる?)、パソコン(動画)、スマートフォン(情報収集)

③最も元気が出て夢中になることは

休日にバイクで走ること、登山をすること、色々な本を読むこと

④あなたは何に最もお金を使ってるか

家に入れる生活費(楽に生きるため)、娯楽費(旅費、書籍、ゲーム)、交通費(バイク関連)

⑤何に関することが最も整理されているか

パソコン(家計簿)、漫画本、メルカリに出品している物

⑥最も自ら進んで行うことは何か

バイクで走ること、登山をすること、ネットサーフィン?

⑦何について最もよく考えるか

過去の人生とその周辺、金の出入、自分の気持ち

⑧頭の中で映像として思い浮かべることは何か(実現しているか実現しつつあることか)

夕暮れの海と山、明るい部屋で音楽を聴きながら読書をする、山頂からの景色

⑨何について自分自身に語り掛けるか

穏やかな時間を過ごしたい、美しい風景を見たい、将来に不安を抱かない

⑩何について人とよく話すか

休日の過ごし方、最近の生活様式、趣味

⑪最も感動することは何か

美しい風景、新しい知識、まとまった物語

⑫何について長期的な目標を持ち続けたり努力を続けたりしているか

美しい生活、落ち着くパートナー、不安を無くす

⑬何について自ら進んで学んだりしているか

他人の生活、民俗学、旅行

ステップ2 グループ化

①生活

休日の過ごし方、最近の生活様式、趣味、美しい生活、他人の生活、民俗学、

②風景

仕事(…風景に携われる?)、夕暮れの海と山、明るい部屋で音楽を聴きながら読書をする、美しい風景を見たい、旅行、美しい風景、山頂からの景色

③情報

パソコン(ネット検索)、スマートフォン(情報収集)、パソコン(動画)、スマートフォン(情報収集)、色々な本を読むこと、ネットサーフィン?、新しい知識

④安心

パソコン(家計簿)、家に入れる生活費(楽に生きるため)、金の出入、穏やかな時間を過ごしたい、落ち着くパートナー、不安を無くす、将来に不安を抱かない、自分の気持ち

⑤漫画

漫画本、漫画本

⑥バイク

休日にバイクで走ること、バイクで走ること、交通費(バイク関連)

⑦登山

登山をすること、登山をすること

その他

娯楽費(旅費、書籍、ゲーム)、メルカリに出品している物、過去の人生とその周辺、まとまった物語、


2時間近くかかってしまったが、今の自分を占める要素については客観的に分かりやすくなったと思う。
バイクと登山も『風景』のカテゴリに入れても良い。

自分は仕事そのものより、美しい風景とか生活に、潤沢な情報に興味がある。
どうして仕事をするのか、という問いには「金銭面への安心」と「美しい風景に携わりたい」という思いがあるから。

故郷に帰ってきたのは「安心」と「風景」が大きい。
自分にとって家族とは「安心」に従属すると思う。 
一人暮らしは「安心」が少ない。

バリバリと、競争心を持って仕事をしたいとは思っていない。
年収競争に参加したいとは思っていない。
一流の技術者になりたいという向上心は持っていない。
必要なことが出来れば良いだけで。

情報が得られない環境はストレスだと思う。
何だかんだ、インターネットや本はやっぱり好きだ。
他人と話すより他人が書いたものを読むのが好きだ。
交流への欲求は少ない。
安心のためにパートナーが欲しい。

漫画も好きだ。
情報源になるし、美しい物語を楽しませてくれることがある。

今は仕事に悩みがある。
ただ美しい風景を見たいだけなら、様々な場所に行ける仕事、休日が多い仕事のほうが良い?
美しい風景を見るだけで、作りたいわけではない?

日記

何だかもう結論出ちゃった気がしたが、予約したのでとりあえず精神科に行ってみることにした。
3,4週間ほど憂鬱感などが続く、最近手の震え・集中力の低下・休日に趣味の意欲減退が起こっている、と話す。
医者が言うには「2週間以上続くってことで鬱状態、自律神経の失調などでしょうねえ」と、想定通りの回答。
しかし久しぶりの晴れの休日の土曜日であり、話していたら今は重度の鬱病ではないように自分でも感じてきた。
鬱病になりたくてなっている、気すらしてくる。

一応お薬は出された。
パロキセチン10mg、レキソタン2mg。軽めのものだ。
薬をもらうほどでは無いとか思ったが、「まあそりゃ長々と話聞くだけでは儲からないだろう」と考えて、受け取ることにした。

帰宅後、ゆっくりとやる気について考える。
本などでも読んだ通り、自分の素直な気持ちが大事だ。
「べきだ論」は鬱を引き起こすだけだ。

初めは何がしたかったっけ。
親が望んでいそうだった、バイトで行ってたら気分転換になった、たまに身体を動かして金も得られるのが合理的に思えた、働きぶりが褒められた。
当時やっていた工場の仕事にやりがいや使命感を感じられなかった、案外毎日他人との日常的な折衝があって気を使っていた、交代制勤務で不規則な生活だった、仕事にもう少し裁量性が欲しかった、やる気を出しても出さなくても変わらなかった、同僚はソシャゲやパチンコの話が多くて興味を持てなかった、ただ時を過ごして金をもらうだけという虚無感があった。
家族問題とか血の通ったものがあったら執着が強くなって嫌な時でも続けるモチベーションにもなるだろうと思った、資格とか取っていけば好きになるだろうと思った、燃え尽きないようにゆっくりやろうと思った、その分野のことは学生の頃から専門の範囲内だった、同僚がアウトドア派が多くて話が合うと思った、勉強しようと思ったらいくらでも出来て仕事に応用が出来ると思った、やりがいを多く感じられると思った。
しかし週6やっていると最初は新鮮さで乗り切れたがすぐに惰性になっていった、自分の性格は技術者に向いているようだが共同作業は不得意だ、自分の裁量で出来る箇所もいくらかはあるが細々と言われるところもあって少しずつストレスが溜まっていった、休みでも勉強しないといけない義務感が逆にうんざりさせてやる気を失わせた、元々職人になりたいとまでは強くは思っていなかった、大企業の福利厚生に比べればやはり低い、気兼ねなく休める日がもっと欲しい、職人になって独り立ちしたいとも別の会社に行きたいとも思えない、公共地の管理などにやりがいや使命感を感じたがだんだんと不感症になっていった、休みの日に施工後の場所にやってきても義務感しか感じられなくなっていた、この先ずっとと思うと別の仕事でも同じだったがうんざりした、どうせ興味の無い本業ならばもっと合理的に金や福利厚生を追求しようと思った、人生の楽しみは余暇の時間で、楽しい仕事がしたいなら休みに副業すれば良い。

過去の日記を読み直す。
工場については遠慮なくグチグチと書いてあるが、今の仕事についてはあまり書いてない。
「やる気が出ない、抑うつ状態だ、イライラとしてしまった」とかは書いているが。
遠慮なく悪く言える相手と、言ってはいけないように感じる相手と、付き合いやすいのはどっちだろう。
もしかしたら遠慮なく悪く言えるくらいの距離のほうが、良いのか?

昔から「この先ずっと…」と思うと絶望的になるから、自分は飽き性だと思った。
しかし、毎日違う現場・作業の仕事は疲れるようだ。
現場毎・時間毎に何をするべきか、誰が何を担当するか、自分が何をするかを常に考えないといけないから、非常に疲れる。
多分、自分はADHDよりもASD傾向のほうが強い。
他人とは目線を合わせないし。(常人は目が合わないと不快、目が合うと快らしい!びっくり!)

ASDはコミュニケーション能力が弱くて、他人の指示を聞いてすぐに理解したりすることが出来ない、曖昧なことが分からない。
関心のある分野に強いから技術者には向いているが、共同作業は不得意だ。
論理的思考、定型業務に強いから工場労働も向いている。
白か黒か、0か100かの判断をしがちで完璧主義者。転職も多い。
こうやって、職場の改善とか休職とかを考慮に入れずに退職しようとするのもそうなんだろうか。